コイスケの恋活・婚活ブログ

危機的な状況にあるアラサー男子の恋愛奮闘記です

ナンパ

渋谷のセンター街や道玄坂でナンパした体験談まとめ!

こんにちわ!当ブログ管理人のコイスケです。

先日、横浜でナンパをした時の体験談を書きました。

実は渋谷でもナンパをおこなったので、今回はその時の体験談を書いていこうと思います。

渋谷のナンパ体験談

2017年某日。季節が冬から春になる頃に、横浜駅周辺でナンパをいっしょにやったイケダさんと、今度は渋谷で決行することにしました。

今回も横浜でナンパを一緒にしたイケダさんと合流。

イケダさん
「渋谷は横浜に比べ人がたくさんいる。声をかける母数が多いから、実践しやすい。」

横浜でナンパを決行した時は、声をかけたくなるコが少なくけっこう歩いた。

なので今度は横浜より人が集まる渋谷にしようとなった。

前回の横浜では最初はシラフでなかなか声をかけられなかったので、今回の渋谷では最初から酒を飲むことにした。

HUBにはいり生ビールを飲む。

HUBにいい感じのコがいないかどうか探すイケダさん。さすがだぜ。

HUBでアルコールを入れた後、渋谷に繰り出す。

とりあえず連絡先ではなく道を聞くことにする

「ナンパをする」ということで渋谷に来たわけだが、人生でまだ1回しかナンパをしたことのない僕は、横浜の時と同じように連絡先ではなく、道を聞くことにする。

イケダさん
「初心者はまずいきなりナンパではなく『道を聞く』というのがイイんですよ」

イケダさん
「女性に声をかけるってだけでもけっこう勇気がいります。いきなり連絡先を聞こうとするのではなく、『声をかける』という行為に慣れた方が良いです」

ということで、ナンパに慣れていない僕は『道を聞く』ことに徹する。

正直渋谷には何十回と来ているため、いまさら道を聞くのに違和感を感じて仕方がなかった。

横浜でナンパをした時も感じたことだが、普段道に迷ったらスマホで調べる自分にとって人に道を聞くことは勇気がいる。

しかもけっこう道は知っている渋谷で、わからないフリして聞くなんて...。

なーんて考えてても、なにも進まないので、そういう考えは置いといて、声をかけていくことにした。

「渋谷駅はどちらですか」

「109ってどっち方向にありますか」

「ヒカリエってこっち方面であってますか」

と言う感じで道をどんどん聞いていく。

それに対し女の子は

「(僕を怪しみながら)あっちです」

「(親切な感じで)右を曲がったらまっすぐ行ってください」

「(逃げるようにして)左のほう...」

と言う感じの反応で、反応の仕方は様々だった。

一応道を聞くだけなのに、女の子は男の僕が声をかけることに対し拒否反応を示していたと思う。

ナンパだけじゃなくスカウトも多い渋谷では当然の反応だと思う。

ちなみに声をかけたのは一人でいる女の子ばかり。

2人とか3人で歩いてる女子グループには声をかけられなかったな。

しかしイケダさんはグループにも声をかけていた。

慣れてる人はぜんぜん違うな...。

客引きの女の子に声をかける

22時を回るまでは、センター街を中心にナンパをおこなっていました。

イケダさん
「遅くなってきたからか、ここらへん人が少なくなってきましたね。移動しましょうか」

そして22時を回った頃に京王線ホームや渋谷マークシティがある方へ移動します。

渋谷センター街よりも客引きが多く、オッサンらに「良い子がいるよ!」「安くしますんで来てください!」などと声をかけられます。

ハゲたオッサンには用はねえんだよ!

東急百貨店が元々あった道の近くで、客引きをしている女の子を発見。

20代前半って感じで、背が高くキレイなコでした。

イケダさん
「お店安いの?」

女の子
「2名で来てくれたら安く飲める割引キャンペーンやってますよ~。カワイイ女の子もいますし」

イケダさん
「君もかわいいけど、君とは飲めないの」

女の子
「(照れ笑いしながら)私とはできないですね~。ここにいてお客さん連れて行かなきゃならないです」

客引きのコと盛り上がる。

ヒマしてそうな客引きの女の子に声をかけていくのもいいかもしれません。

相手は仕事中だから、連絡先を教えてくれる可能性は低いでしょうが、声をかけるのに勇気が必要であるならば、練習として客引きに声をかけるのもアリかなと思いました。

まとめ

今回も連絡先が聞けることはありませんでしたが、ナンパというものを経験できたのでなかなかよかったと思います。

今後も自身の体験談を書いていこうと思います。

【必見】女性とたくさん出会いたいならマッチングアプリを利用しよう!

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

当ブログのように、知識や体験談、ノウハウ等をまとめているブログはたくさんあります。

Web上でたくさんノウハウを見ている人も多いことでしょう。

しかし、恋愛は実際に異性と触れ合う体験をすることがもっとも重要です。

知識やノウハウをどれだけ覚えようが、実践できなければ意味がありません。

女性とじかに触れ合うことが重要なのです。

異性と出会う機会は、多ければ多いほどいいです。

それだけ実践することができるし、女性のリアルな反応などを知ることができます。

「女性と会う機会なんて全くない!!」

という方は、近年話題のマッチングアプリを利用しましょう。

マッチングアプリとは、女性と気軽に出会えるアプリで、いわゆる「出会い系」を呼ばれるものです。

おすすめのマッチングアプリはタップル誕生というアプリです。

https://tapple.me

「タップル誕生」は若い女性にも人気のマッチングアプリ。会員数は現在200万人(2018年現在)

黒髪清楚からギャル系、アニメ好きなオタク女子などなど多種多様なタイプの女の子が登録をしております。数多くの女性とコミュニケーションをすることで、経験値が確実に上げることができます。

「タップル誕生」の使い方は単純で、気に入った女性に対し「いいかも」ボタンを押すだけ(フェイスブックのいいね!のようなボタンです)

「いいかも」ボタンを押すことが女の子へのアプローチとなり、相手もあなたに「いいかも」ボタンを押す事でマッチングが成立します。

マッチング成立後はメッセージやLINEによってコミュニケーションをし、実際に会うとこまでもっていきます。非常にシンプルです。

自分の近くに住む女の子にアプローチできるので、遠距離で出会えない、といったこともありません。

管理人は28歳まで彼女いない歴=年齢のクソザコナメクジでした。

このまま30歳に突入するのはイヤだ!!と思った僕はマッチングアプリに登録をしたのですが、月に5人の女の子と出会えるようになりました。

彼女を作ることもできました(もう別れちゃいましたけどね)

作ることができたのも、マッチングアプリを利用したからですね。

タップル誕生の詳細はこちら→

しかも合コンや婚活パーティよりも安く利用することができます。

ナンパのように難易度が高いわけではありませんし、女性慣れをしていない人でも出会える女の子が多く登録しています。

アプリを使っての出会いは、時間や場所関係なくアプローチできるのが最大の利点です。

スマホさえあれば、出会いの回数を増やすことが出来るのです。

仕事で忙しくて、出会いのチャンスを作ることができない男性には、かなりオススメできるアプリです。

タップル誕生は上場企業であるサイバーエージェントが運営しています。

アメブロやアメーバピグを運営している会社ですね。

上場企業が運営するアプリのためリスクはなにもありません。登録をすることで成功する確率があがります。

やらないで後悔をするより、やって後悔のほうがずっといいです。積極的にマッチングアプリという狩場を利用しましょう!

とりあえずアプリのインストールをするところからやりましょう。まずはアプリを起動してどんなものなのか、知ることが大事です。


タップル誕生のアプリをインストールする→

やらない後悔よりもやって後悔をしたほうがずっといいです。

あの時あーしておけばよかった,,,と後悔することってあると思いますが、いまさら思ったところで無意味じゃないですか。

やって後悔は、やってダメだったのですから諦めだってつきます。

-ナンパ