彼女いない歴=30年脱出計画!

危機的な状況にあるアラサー男子の恋愛奮闘記です

恋愛ノウハウ 飲み屋

合コンは出会えないし非効率!モテない男は行くな!

先日、恵比寿のパブリックスタンドで知り合った方に誘われ合コンにいってきました。

男は1人5000円という、まあそこそこ値が張る合コンでした。

さて行った結果は.....微妙でした。

正直、合コンって出会いの場として非効率だと思います。今まで数回行きましたがいい結果になったためしがありません。

僕と同じように「合コンって非効率だよな」と感じている人は多いようです。

今回は合コンは非効率である理由と、合コンより効率の良い出会いの場について書いていきたいと思います。

合コンは非効率?

まず結論から先に述べますが、合コンは非効率であるといえます。

その理由を以下に述べていきたいと思います。

必ずしも出会いを求めている男女が集まるとは限らない

出会いの場として定番と言われている「合コン」

本来出会いを求めている男女が集まる会ではありますが、数合わせで彼氏彼女がいる人も参加しています。

そう、純粋に出会いを求めてはいない人間もいる。

そんな飲み会に3000円以上支払うなんてバカらしいうえに、出会える確率が減るワケです。

そもそも人数合わせってなんだよ。人数揃えられないなら開催する必要はねーべ。

お酒を飲みたいがゆえに参加してるんじゃねー!

彼女がほしいから参加してるんじゃい!

出会えない合コンなど悪でしかありません。

確実に良いと思える相手がいるかは運

上述のように人数合わせという名目で参加している人もいる上に、本当に出会いを求めている人間がいたとしても自分が良いといえるような相手がいるかどうかはわかりません。

行ってみなければわからないワケです。

しかも話の輪に入れるかどうかも怪しいわけです。

自分以外の参加者が全員顔見知りだった場合、自分だけ会話の輪に入れずに孤独を味わうわけです。

金払って孤独な時間を過ごすなんてめちゃくちゃドM!ていうか、なんのために参加したのか意味わかんない。

そんな苦汁を飲まされる場合もあります。

合コンより効率のいい出会い方とは

合コンという文化が日本に定着したのは70年代から80年代にかけてといわれています。

今のようにネットが普及していなかった昔は、流れてくる情報も少なかったです。

人とのやり取りもメールなんてなかったから当然自宅にある黒電話のみ。

異性と出会えるチャンスが少なかったわけです。しかし今の日本は違います。スマホの普及により情報へのアクセスがしやすくなりました。

ネットを通じてオフ会や街コンなどのイベントに気軽に参加できるようになり、出会いを求めている男女が出会いやすくなった。

つまり、合コンよりもネットを利用しての出会いの方が恋人がつくりやすくなったわけですね。

男も女も恋愛をしたいのは一緒です。

そんな恋人を作りたい!と強く願う男女向けに、スマホを使っての出会いを提供するサービスは近年増え続けています。

特にフェイスブック認証を用いてサクラや業者の利用を弾いているOD(オンラインディーディング)サービスはオススメです。

オンラインディーデイングとはなにか。まあカンタンに言えば出会い系なんですけどね。

しかし、近年の出会い系というのは一昔に流行った出会い系とは全然違います。

ボクがオススメしたい出会い系(オンラインディーデイング)アプリはPairs(ペアーズ)です。

NHKなどのメディアにもかなり良い意味で取り上げられており話題になっています。

まだ登録をしたことが無い男性は登録することをオススメします。

ボクもペアーズに登録後、女性と出会うことが苦ではなくなりました。

pairs3

登録がまだの人はこちら→ペアーズ

月額3000円程度で約30人にアプローチ可能です。

3000円以上払って数人にしかアプローチできない合コンとは大違いですよね。

ぜひ利用してみてください!

-恋愛ノウハウ, 飲み屋