恋愛ノウハウ

顔面偏差値低すぎても彼女はできるから頑張ろう!諦めるな

2018/08/14

「顔面偏差値が低くて彼女ができる気がしない...」

「彼女作りの難易度高すぎワロタwwwwwワロタ...」

この記事は顔面偏差値が低いと嘆いている方に向けて、記事を書いています。

コイスケ

こんにちわ。こんばんわ。

見た目は陽キャ、中身は陰キャのコイスケです。

恋愛において、ブスよりイケメンのほうが有利ですよね。

ブス=顔面偏差値というのは生まれたときから決まっており、整形でもしない限り変えることは出来ません。

しかし、顔面偏差値が低いと恋愛はできないのか?といえば、実はそうでもありません。

僕も昔は「恋愛できるかどうかは顔で決まる」なんて思っていました。

けど世の中を広く知ると、顔面偏差値が決して高くない男でもモテているケースがけっこうあることに気が付きます。

芸能人やモデル並の美女とは付き合えなかったとしても、そこそこカワイイ女の子ぐらいなら顔面偏差値関係無く付き合うことが出来ます。

街中をよく見渡すと、ブス男とカワイイ女の子とのカップルがけっこういることに気がつくでしょう。

顔面偏差値が低かろうが諦める必要なんて無いんですよ。

顔面偏差値が低い僕らが見並べき男、田村淳

顔面偏差値が低い僕らが見習うべき人物がいます。

ロンドンブーツの田村淳です。

田村淳はお世辞にもかっこいい顔とはいえません。出っ歯だしね。

しかし過去には藤崎奈々子や安室奈美恵、若槻千夏といった美女やアイドルと噂になったことが数えないくらいあります。

田村淳がモテている理由は顔ではなく、雰囲気や行動が理由です。

その理由がよくわかる動画がYouTubeにありました。

ナインティナインの2人と、ロンドンブーツの2人が恋愛について語っている動画です。

下記に動画を載せるので見てみてください。

違法アップロードされている動画となりますので、削除されてしまったときのことも考えて文章の書き起こしを書いておきました。

あわせてお読み頂ければと思います。

岡村「(淳のことを)吉本の押尾学やと思うてんねん」

岡村「こう、なんかね。すーっとできるわけ。こういうとこに女性がゴミとかついてるのをフッと気づかれんうちに取ってあげるのよ」

矢部「(笑いながら)押尾学のなにを知っとんねん」

淳「(押尾学さんと)友達なんですよね」

岡村「友達ってか知っててじょせいがきづかなくとも取ってあげれんねん」

亮「(淳の行動で)すごいのありますよ!ビックリするの」

岡村「教えて教えて!」

亮「ゴミを取るのはまあいいわと思うんですよ、百歩譲って」

亮「淳の服についている毛玉を取って(女性にわざとつけて)それを取ってあげるっていうのをやるんですよ」

亮が自分の服の毛玉を取るようなそぶりをする。それを隣にいる淳の肩につける動作をおこなう。

亮「これをやることによって毛玉をつけてる行為が見つかったとしても、冗談できくから」

亮「なにをいたずらっ子がやってるので済むから、どっちでもいける」

亮「この話を楽屋で盗み聞きして心の中で拍手した」

岡村「絶対ないってなってんのに、そっからグイグイいくっよね」

淳「いきますね、ガンガン渡しますね」

淳「ガンガン渡しすぎて、この前貰いましたけど(という反応をもらう)

岡村「ドキドキせえへん?バビらへん?渡すときもそうやし、連絡来た時とかも、自分が返す時とかも、会うときも」

岡村「そういう時はどういう格好で行くの?」

淳「えー?(なんて返していいか困っている様子)」

淳「でも、電話番号渡しづらい時は」

岡村「なんかあんのかいな?淳くん!他に何かあるのかね!?」

淳「えっらい食いつくなあww」

矢部「教えてあげて淳くん」

淳「ガムあるじゃないですか、ガムの包み紙を一回とって名前と電話番号書いておくんですよ」

淳「で、また戻すんです。その後にガム食べる?って(女の子に)渡すと自然と連絡先がいくんです」

岡村「気づかんかったら?」

淳「気づかなかったらそれでいいんです。それでいいんです。けど気づいた時の向こうのドキドキ感もあるじゃないですか」

淳「で、電話がかかってきたらそのドキドキ感に負けてかけてきたってことですから」

会場全体がどよめく。

亮「そっか!隠れてやってることがドキドキ感につながってるんだ」

岡村「うわあああ!!本書いてくれー!!!」

会場爆笑

(※ここまで※)

田村淳のこの行動力物凄いですよね。

もちろん淳は恋愛経験が豊富だからこそ、上記のような行動ができるのでしょう。

しかし、見習うのは行動ではなくその姿勢です。

動画のかなで「いきますね、ガンガン渡しますね」「ガンガン渡しすぎて、この前貰いましたけど(という反応をもらう)」と語っています。

これはモテていない人間が一番持たなければいけないものです。

傷ついても良い、それでも君が好きだと言いたい。

そういう姿勢を貫き、行動をし続ければ男としての魅力は必ず上がってきます。

もうこれはマジメに言ってます。

僕もこの姿勢を持つことで、昔に比べれば男らしさが上がったと実感しています。

すこし説教臭い話になってしまったかもしれませんが、けっして説教をしたいわけではありません。

顔面偏差値が低いと嘆いている人が少しでも恋愛ができるような気持ちになってほしいと思い記事を書きました。

自分の人生を変えられるのは自分だけです。

恋愛に対してこれから頑張っていきましょう!

【必見】女性とたくさん出会いたいならマッチングアプリを利用しよう!

今回の記事はいかがでしたでしょうか。

当ブログのように、知識や体験談、ノウハウ等をまとめているブログはたくさんあります。

Web上でたくさんノウハウを見ている人も多いことでしょう。

しかし、恋愛は実際に異性と触れ合う体験をすることがもっとも重要です。

知識やノウハウをどれだけ覚えようが、実践できなければ意味がありません。

女性とじかに触れ合うことが重要なのです。

異性と出会う機会は、多ければ多いほどいいです。

それだけ実践することができるし、女性のリアルな反応などを知ることができます。

「女性と会う機会なんて全くない!!」

という方は、近年話題のマッチングアプリを利用しましょう。

マッチングアプリとは、女性と気軽に出会えるアプリで、いわゆる「出会い系」を呼ばれるものです。

おすすめのマッチングアプリはPANCY(パンシー)というアプリです。

https://pancy.jp

「PANCY(パンシー)」は若い女性にも人気のマッチングアプリ。会員数は現在200万人(2018年現在)

黒髪清楚からギャル系、アニメ好きなオタク女子などなど多種多様なタイプの女の子が登録をしております。数多くの女性とコミュニケーションをすることで、経験値が確実に上げることができます。

「PANCY(パンシー)」の使い方は単純で、気に入った女性に対し「いいね」ボタンを押すだけ(フェイスブックのいいね!のようなボタンです)

「いいね」ボタンを押すことが女の子へのアプローチとなり、相手もあなたに「いいかも」ボタンを押す事でマッチングが成立します。

マッチング成立後はメッセージやLINEによってコミュニケーションをし、実際に会うとこまでもっていきます。非常にシンプルです。

自分の近くに住む女の子にアプローチできるので、遠距離で出会えない、といったこともありません。

管理人は28歳まで彼女いない歴=年齢のクソザコナメクジでした。

このまま30歳に突入するのはイヤだ!!と思った僕はマッチングアプリに登録をしたのですが、月に5人の女の子と出会えるようになりました。

彼女を作ることもできました(もう別れちゃいましたけどね)

作ることができたのも、マッチングアプリを利用したからですね。

PANCY(パンシー)の詳細はこちら→

しかも合コンや婚活パーティよりも安く利用することができます。

ナンパのように難易度が高いわけではありませんし、女性慣れをしていない人でも出会える女の子が多く登録しています。

アプリを使っての出会いは、時間や場所関係なくアプローチできるのが最大の利点です。

スマホさえあれば、出会いの回数を増やすことが出来るのです。

仕事で忙しくて、出会いのチャンスを作ることができない男性には、かなりオススメできるアプリです。

タップル誕生は上場企業であるサイバーエージェントが運営しています。

アメブロやアメーバピグを運営している会社ですね。

上場企業が運営するアプリのためリスクはなにもありません。登録をすることで成功する確率があがります。

やらないで後悔をするより、やって後悔のほうがずっといいです。積極的にマッチングアプリという狩場を利用しましょう!

とりあえずアプリのインストールをするところからやりましょう。まずはアプリを起動してどんなものなのか、知ることが大事です。

PANCYをインストールしてみる→→→

やらない後悔よりもやって後悔をしたほうがずっといいです。

あの時あーしておけばよかった,,,と後悔することってあると思いますが、いまさら思ったところで無意味じゃないですか。

やって後悔は、やってダメだったのですから諦めだってつきます。

-恋愛ノウハウ